名探偵コナン紺青の拳レビュー

どうも~かずまです!
昨日ついに、待ちに待った「名探偵コナン 紺青の拳」を見に行きました~( `ー´)ノ



実は僕はかなりのコナンファンです(笑)
いや~、本当に待ちに待ちました。
公開初日の4月12日に見に行けてない時点で、コナンファン失格なんですけどね・・・( ;∀;)
僕なりに感じた今回の映画の見どころや感想を書いていこうと思います。

僕が今回この映画を見て、今までのコナンと比較して、おこがましくも点数をつけるなら60点くらいです。
あくまで私個人の意見ですから、是非劇場に足を運んで自分で体感して来て下さい!!
なぜ60点なのかは、ストーリーなどを踏まえながら話していくので、ここからは⚠ネタバレ注意⚠



・今回の舞台はシンガポール


今回の作品「名探偵コナン 紺青の拳」は、シンガポールが舞台となっています。
事件はシンガポールきっての有名ホテル、マリーナベイ・サンズで起こります。
このシンガポールの景色が、とにかく絶景です!!



シンガポールの隅々まで忠実に再現されており、おもわずスクリーンに引き込まれます。
海外が舞台ですので、今までのコナンよりさらにスケールが大きくなっています。



・キッドと京極真の対決

今作で目が離せないのが、何といっても京極真!!
普段映画に出てくることはありませんが、今回はスクリーンで見れます。
京極真ファンの方は必見ですね。
そして、皆さん大好き怪盗キッド!!
今回もキッド参戦で、いつものコナンとキッドの掛け合いが最高ですね。
もうなんか友達みたいに意思疎通し合ってます(笑)
そして、今回はキッドと京極真の対決もあります。
400戦無敗の京極真ですが、キッドもやはり身のこなしがすごい。
二人の対決も見どころです。



・あの人がコナンデビュー

今回は隠れキャラで、某有名塾講師が少し出てきます。
東〇とかいう塾の「〇〇でしょ!」って言葉が有名なあの人です。
スクリーン上では、「正しい場所で、正しい方向で、十分なされた努力は裏切らない」と名言を残していますので、是非探してみて下さい。



・新一と蘭のラブラブシーン

今回は二人の熱々のシーンがあります。
マリーナベイの屋上のプールで二人が・・・
目が離せませんね!!


高校生のくせに、こんな高級なホテルで・・・
羨ましいですね(笑)
しかし、この新一は実は・・・



・凝ったオープニング

今作のオープニングもかなり凝ってありました。
僕は一ファンとして、このオープニングがすごく気になっているのですが、今回もオープニングで鳥肌が立ちました!
ちなみに、コナンの映画の中で一番好きなオープニングは、「名探偵コナン から紅のラブレター」ですかね。
二番は「名探偵コナン 天空の難破船」ですね。
下にリンク貼っておくので、良かったら是非見てみて下さい。

「名探偵コナン から紅のラブレター」

「名探偵コナン 天空の難破船」


とここまでは、見どころをたくさん紹介しました。
では、なぜここまで多くの見どころがあるにも関わらず、私個人の点数は60点にしたか、個人的な意見を書かせていただきます。



・個人的感想

今回はシンガポールが舞台で、見どころが増えた反面、スケールが大きくなりすぎてコナン感が年々薄れてきているような気がします。
推理がメインではなく、アクションがメインになってきているのも、あまり僕は好きではないです。
特に最近は、蘭姉ちゃんとコナン君の人間離れした凄技が目立っていましたが、今回も京極真さんが赤い蒸気?が出るパンチを繰り出します。
ドラゴンボールを見に来たのかな?と間違えそうになるので、もっとコナンの推理メインで構成してほしいですね。
各キャラクターが暴れすぎな気がします(笑)
それに伴い、コナン君が関与できるであろう事件の度を越えているように感じます。
今作のフェリーを止めたり、前作の衛星の軌道をずらすなど、国がやるレベルのことなのに、たかが高校生探偵が・・・と現実味が無くなってきているのも残念なところです。
それらを踏まえて、私は60点くらいかなと感じました。



いかがでしたか?
60点を出しましたが、コナンファンの人もそうでない人も、楽しめる映画だと思います。
是非劇場に見に行ってみて下さい!!
以上、コナンファンの一人の個人的なレビューでした。



Kazuma